Painless

痛みの少ない治療

ほとんど寝ている間に治療が終わる(静脈鎮静法)

無痛治療
当医院では、歯科治療中の痛みや不安、精神的なストレスに対して、細心の注意を払い、様々な方法で対応しています。

点滴により、麻酔を腕の静脈内に投与し、行う方法です。

意識はありますが、ウトウトと、うたた寝をしているようなリラックスした状態になります。全身麻酔のような、意識を失うようなものでは無く、身体への負担も入院の必要もありません。

また、モニターで血圧などの全身管理をしっかりした上で行うので安心です。

これまでの歯科治療において、緊張や不安の気持ちから、体調不良に陥った事のある方、嘔吐反射のある方にも、おすすめです。

静脈内鎮静法という、点滴により麻酔薬を静脈に投与する方法で行います。治療中は、うっすらと意識はありますが、ほとんど眠っている様な状態になります。
治療に伴う不快な痛みや振動、音等がほぼ気にならず、快適に治療を受ける事が出来ます。
嘔吐反射の強い方にもオススメです。

通常の診療の際にも、無痛治療にこだわっています。

歯茎麻酔の際には以下の方法で、痛みをできるだけ感じないようにしています。

痛みを軽減させる為の麻酔注射には、細かく繊細な技術が必要とされます。当医院では、「痛み」に対して、細心の注意を払っております。

塗る麻酔薬

治療中の痛みを無くす為の麻酔注射は、歯科治療において無くてはならない存在です。しかし、その麻酔注射自体の痛みが患者様のご負担になる場合もあります。当医院では注射を打つ際の「チクッ」とした痛みを軽減する為、注射を打つ前に「塗る」タイプの麻酔薬を使用します。この「表面麻酔薬」を患部に塗り、ジワジワと麻酔効果が得られた後に注射をする事で、注射自体の痛みを軽減する事が出来ます。表面麻酔薬は、塗るタイプを使用しますので、こちらは勿論痛みは有りません。

05545_01.jpg

極細の注射針

麻酔注射が痛む原因の1つに、注射針の太さが有ります。当医院では、痛みを軽減する為に開発された「超極細の注射針」を使用しています。この注射針は、特殊刃面構造により、刺通抵抗を低減し、刺入時の痛みを軽減します。滑らかに「スッと」患部に入る事で、痛みが軽減されます。また、極細の針なので、的確な部位への刺入が可能です。

56b1a299e8dd3.jpg

麻酔薬

麻酔注射の痛みには、刺さる時の「チクっと」した痛みの他に、麻酔薬が実際に注入されて行く時に感じる痛みも有ります。麻酔薬を注入する時も、「ゆっくりと一定の圧力」で注射をする事で嫌な痛みを緩和する事が出来ます。

local-anesthesia-mouth.jpg

人肌に近い温度の麻酔薬

麻酔薬自体の温度と、患者様の体温との温度差が激しい場合に、痛みを感じる事が有ります。当医院では、麻酔薬を予め人肌の温度にしておく事で、注入の際の痛みを軽減しています。

At the Dentist_edited.jpg

01

針の麻酔の前に、粘膜表面に麻酔の塗り薬を使用します。そうすることで、針が刺さる感覚が随分と無くなります。

05545_01.jpg

塗る麻酔薬

治療中の痛みを無くす為の麻酔注射は、歯科治療において無くてはならない存在です。しかし、その麻酔注射自体の痛みが患者様のご負担になる場合もあります。当医院では注射を打つ際の「チクッ」とした痛みを軽減する為、注射を打つ前に「塗る」タイプの麻酔薬を使用します。この「表面麻酔薬」を患部に塗り、ジワジワと麻酔効果が得られた後に注射をする事で、注射自体の痛みを軽減する事が出来ます。表面麻酔薬は、塗るタイプを使用しますので、こちらは勿論痛みは有りません。

02

針の麻酔に使用する針は、使用できるもので最も細い針を使用します。太い針に比べて、細い針は注入部位を傷つける割合が小さいので、痛みが少ないです。

56b1a299e8dd3.jpg

極細の注射針

麻酔注射が痛む原因の1つに、注射針の太さが有ります。当医院では、痛みを軽減する為に開発された「超極細の注射針」を使用しています。この注射針は、特殊刃面構造により、刺通抵抗を低減し、刺入時の痛みを軽減します。滑らかに「スッと」患部に入る事で、痛みが軽減されます。また、極細の針なので、的確な部位への刺入が可能です。

03

麻酔のお薬を時間をかけてゆっくり、そーっと注入することで、注入時の痛みを減らします。

local-anesthesia-mouth.jpg

麻酔薬

麻酔注射の痛みには、刺さる時の「チクっと」した痛みの他に、麻酔薬が実際に注入されて行く時に感じる痛みも有ります。麻酔薬を注入する時も、「ゆっくりと一定の圧力」で注射をする事で嫌な痛みを緩和する事が出来ます。

04

麻酔のお薬は体温に近い温度のものを使用します。

At the Dentist_edited.jpg

人肌に近い温度の麻酔薬

麻酔薬自体の温度と、患者様の体温との温度差が激しい場合に、痛みを感じる事が有ります。当医院では、麻酔薬を予め人肌の温度にしておく事で、注入の際の痛みを軽減しています。