• Kiyoshi Makiyama

臼歯部の短いインプラント


歯を失った時に、その部分を補う処置の一つにインプラントがあります。

インプラントは人工のものではありますが、単独で欠損部分に新しく歯を作ることができます。このため、しっかり噛めますし、残っている他の歯への負担も少ないです。

とても良い治療法だとして、欠損補綴のオプションとして選択される方も増えてきています。

ただ、インプラント治療を行うためには、インプラントを埋入するための骨が十分にあることが必要です。このため、骨が十分にない場合にインプラントをするためには、人工的に骨を作る処置を行います。

ただ、人工的に骨を作るのは難易度も高く、痛みや腫れを伴うことも多いため、インプラント治療を断念するかたも多いです。

そうした中で、より安全に簡便に治療する方法として、骨を作る必要のない、通常より短いインプラントについての研究が進んできています。

今月のForum Implantologicum紙に様々な研究結果が載っており、とても興味深く読ませていただきました。

まだ短いインプラントだけを単独に使用するのは、不安がありますが、補助として使用することで大きな効果があげられそうです。

インプラントするのが難しかった部分に、選択肢が広がることで、より

安全に、身体への負担も少なく処置できるようになると良いですね。


10回の閲覧

MAKIYAMA KIYOSHI ORAL CLINIC

Tel: 03-6447-4118 | Fax: 03-6447-4119