• Kiyoshi Makiyama

手を洗う

更新日:2月3日


六本木 歯医者

歯科衛生士の小澤です。

ずっと好きな方がおります。

その方は、独自の考え方を持ち、己の道をしなやかに歩かれている方です。。。。。

皆様、もうお判りですよね。「叶姉妹」こと「叶恭子さん」です。


『美は1日にしてならず』『手は女の怠慢が現れる』。。。。。。。

耳の痛いお言葉です。

自分自身の細かなメンテナンスを、己で行うことは、往往にして難しい事です。

忙しい、を理由にしてしまい、ついつい甘えが生じます。

自分の為である事は、解ってはいるのですが、難儀な事です。。。

かつて「女磨き」という言葉も、流行しましたよね。

自分を大切にするという意味では、本当に素晴らしい事だと思います。美容の面でも、健康の面でも、メンテナンスは大切です。

我が儘放題だった高校生活を卒業し、歯科衛生士の学校へと進学した私が、

歯科の勉強を始めるにあたり、1番最初に教えられた事は、「手の洗い方」でした。

きちんと手を洗う、これが全てにおいて1番の基本である、と。

私達医療従事者は、「1処置1手洗い」と習います。

これは、処置をする度に、何かをする度に、患者様に触れる度に、その都度「手を洗う」と言う事を示しています。

必然的に私達は、一日中手を洗っています。

回数的には、100回近くになるのでしょうか。

加えて、私小澤は、潔癖症気味ですので、更に回数は増えます。(笑)

衛生的な意味もあり、皆様の安全の為、もとい自分達の為でもあります。


常に頭の中には「感染」と言う言葉があります。

当医院では、安全面衛生面共に、高いレベルで対応する事を心掛けております。

手を洗う。、、、事で、生じる「手荒れ」。

医療従事者である以上、当然の事と思っていました。

むしろ誇りである、と。

ですが、最近「叶恭子様」の言葉が、ふと、よぎるのです。

ケア、しようと思います。

何か1つでも、自分を大切にケアする事は、他の何かにも、きっと繋がっていく事だと思います。


お口のケアも、その1つであると思っております。

皆様のお力になれるよう、日々精進致します。お気軽にご相談下さい。


#六本木 #歯科 #歯医者


閲覧数:191回0件のコメント

最新記事

すべて表示